未分類

顔のスキンケアは、毎日の積み重ねです

3顔のスキンケアは、季節に合わせた毎日の積み重ねが大切です。
夏は日焼け止めで肌がいたみますし、冬は乾燥して肌がいたみます。
毎日の洗顔と洗顔後のケアが大切になってきます。

まず、一日三回の洗顔は欠かせません。
夏はそれにプラス一、二回になると思います。
少なくとも一日三回の洗顔では、朝起きた時、外出する前、入浴した時になります。

しかし、洗顔シャンプーを毎回使うことはしません。
洗顔シャンプーは確かに肌の汚れを落としたり、油を落としたりしてはくれますが、使いすぎも肌に悪いのです。
そこで、朝起きた時には水洗いだけにして、残りの二回で洗顔シャンプーを使います。

しかし、洗顔シャンプーを使う時も使わない時も、洗顔後の化粧水と乳液のケアは忘れてはいけません。
また、洗顔は水やお湯ではなく、ぬるま湯で洗います。
冷たくても熱くても肌をいためてしまうのです。
また、夏場の日焼け止め対策の化粧水だったり、冬場の感想対策のクリームだったりと、季節によって使い分けましょう。
化粧水を使ったり、洗顔シャンプーを使ったりといったことも大切ですが、早寝早起きをしたり、お風呂でゆっくり浸かったり…といったことも大切です。
ストレスや疲れをためると肌荒れの原因になるのです。
顔のスキンケアのために大切なことは、洗顔などのケアを毎日行うことと、心も体も常にリラックスした状態を保つように心がけることなのです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です